独自店との大きな違い

独自店との大きな違い

ケータリングカーの独自店は、一から自分の信念のもと、事業展開をしないといけません。フランチャイズ店は、○○という名前がおなじで、店舗で言うと支店が各地にある事で、独自店というと、自分だけの店の感覚です。

現在、ケータリングカーには、フランチャイズ店と独自店にデカ苦転分けることが出来ます。ゼロからの出発ではなく、フランチャイズの波に乗っかる形で、自分の移動販売業として独立するコトによって、プロジェクトの成功のチャンスをつかむものデス。

何を売るから始まって、仕入れから仕込み、販売方法までもすべてオリジナル。どちらの手法が感じが好いか?それは、自分が思い描くケータリングカー業の構図によって変わると思います。

どちらがいいというのは、一長一短があるのですが、フランチャイズの方は、あくまでも支店ですので、マニュアルも揃っていて、その通りに行えば、誰でも移動販売をすることが出来ます。独自店との大きな違いとしては、用意も短期で、マニュアルどおりに行えば何よりのというわけで、余計な不安もなくスムーズに始められることとその後の保証があるという事です。

説明会が行われ、そのプロジェクトの秘訣通りにする事で、そこそこの保証もあります。商品が売れなければ、移動販売業は成立しないことになります。

移動販売のフランチャイズとは、ある事業者の販売形態をする事により、契約を結び、さまざまなサポートの元、移動販売業として独立開業を行うものデス。勿論フランチャイズのようなマニュアルも無ければ、保証もありません。